• 声優パラダイスR vol.18
    声優パラダイスR vol.17
    声優パラダイスR vol.16
    声優パラダイスR vol.15
    声優パラダイスR vol.14
    声優パラダイスR vol.13
    声優パラダイスR vol.12
    声優パラダイスR vol.11
    声優パラダイスR vol.10
    声優パラダイスR vol.9
    声優パラダイスR vol.8
    声優パラダイスR vol.7
    内田彩1st写真集 p a t i n a
    声優パラダイスR vol.6
    声優パラダイスR vol.5
    声優パラダイスR2015年2月号
    【Amazon.co.jp 限定】声優パラダイスR 2014年12月号(専用絵柄ポスター付き)
    【Amazon.co.jp限定】声優パラダイスR号外「うっちーデビュー・アニバーサリー」(専用絵柄ポスター付き)
    声優パラダイスR 2014年10月号
    声優パラダイスR 2014年8月号
    声優パラダイス VOL.23
    声優パラダイス VOL.22
    声優パラダイス VOL.21
    声優パラダイス VOL.20
    声優パラダイス premium Para Men [大型本]

注目!岡本信彦2ndミニアルバムインタビュー!

Share on GREE

岡本信彦さん、Kiramuneより2ndミニアルバムを6月5日にリリース!先日のキラフェスについても語ったロングインタビュー!!!

――『Enjoy☆Full』というタイトルは、どのような想いからつけたのですか?
岡本 2012年に、初めてKiramuneの一員として皆さんの前で歌わせていただいたんですが、緊張感が強くて楽しむところまでいけなかった悔しさがあったんです。もし次回があれば、楽しさ重視でいこうという想いが心に強くあったので、第二弾はすべて楽しもうという意味で、皆さんに伝わりやすいように「Enjoy」という言葉をタイトルに入れました。

――造語だと思うのですが、変わったタイトルですね。
岡本 試行錯誤していたら、(Kiramuneメンバーの)浪川(大輔)さんが「『ジョイフル』がいいんじゃない?」とおっしゃって。もうちょっとインパクトが欲しいですね、というお話をしたら、本気で考えてくださるということで、次に出てきたのが「『スウィートメモリーズ』」。さすがにそれは……と思って(笑)。最初にいただいた「ジョイフル」から発想を得て、『Enjoy☆Full』になりました。星はKiramuneっぽいイメージです。あと、「Enjoy」という言葉は今年の目標でもありますね。

――アルバムを作る上でも「楽しみたい」という想いはありましたか?
岡本 そうですね。今までキャラソンは歌わせていただいてきましたが、(自らの楽曲をリリースするにあたって)「地声」って、出しやすい声という概念でいいのかなという迷いがありまして。「自分の声」ってなんなんだろうという疑問というか…。今回はそのことについて、「声が変わったら変わったでいいや」という想いがありました。このタイトルにもある通り、「楽しかったら声が多少変わってもいい」と。

――『グッドラック』をリード曲にした理由は?
岡本 『Palette』でも作曲していただいた岡本健介さんの曲です。もともと岡本健介さんは名字繋がりもありますし、作られる曲はどれも僕が好きな曲ばかりだな、という印象があったんです。今回の曲も、Aメロ、Bメロ、サビのほかにもうひとつメロディがあったりして、遊びが効いた面白い曲だなあと。難しいかもしれないけど歌ってみたいな、と思いました。歌ってみたら、元気がたくさん詰まっていてすごく楽しかったですね。だから、これぞタイトル曲なのではないかと、トントン拍子に決まっていきました。

――夏に聴きたいイメージのいい曲ですね。
岡本 そうですね。歌詞に「打ち上げ花火」が出て来たり、夏っぽいイメージですね。『Enjoy☆Full』というタイトルにもあるように、「たった一度の戻れないときを楽しむんだ」というのが一番好きなワンフレーズです。

――今回ミニアルバムを作る上で意識した点は?
岡本 前作の流れを引き継いだ曲を入れたい気持ちと、前作にはないイメージの曲を入れたい気持ちと両方あったんです。シンプルに、いいなと思った曲から順番に決めていきました。それで『グッドラック』と『テーマソング』がトントン拍子に決まって。『テーマソング』はミディアムバラードなのですが、切ない感じがすごくいいなと思いました。この2曲が決まったあたりで、前作にはなかった曲を…ということで、マイナーコードの曲をたくさんいただきまして、その中でも『Love Searcher』という曲を、新たなジャンルへの挑戦ということで歌ってみました。

――2枚目のミニアルバムだからこその挑戦だったんですね。
岡本 はい。挑戦曲が2曲あったんですけど、『Love Searcher』はクールでカッコいい曲。今まで、元気があってロックっぽい曲はあったんですけど、ここまでクールにカッコ良い曲は初めてですね。もう1曲は『ONE』という曲なんですけど、英語詞のある曲だったので、自分の中では外していたんです。でも、ライブとかで盛り上がりそうな曲はあったほうがいいという意見もあり、挑戦してみようと思いました。英語への苦手意識が僕の中にはあったんですけど、「簡単だから」と言われて、じゃあ頑張ります、と(笑)。

――『REC』についてはいかがですか?
岡本 岡本健介さんの曲ということもあり、じつは最初から気になっていました。他の曲と曲調が似てしまうかもという理由で選び損ねていたんですが、それでもいいからとお願いしたくらい好きな曲です。メロディラインがノリやすくて、サビが印象的なので、一度聴いたら忘れられない曲だなと思いました。曲自体はカッコよかったり、綺麗だったりするんですけど、歌詞は切ないんです。「幸せ」という歌詞もあるのに、なぜか僕は切なさを感じてしまって…。とてもお気に入りの1曲ですね。

――それでは、一番最後に歌ったという『青春タイムマシン』は?
岡本 元気な曲、カッコいいライブノリの曲、ミディアムバラード曲、挑戦曲…ときたので、あとは前作にもあったような等身大の曲を、ということで歌わせていただきました。「僕ってどういう印象ですか?」とスタッフさんに聞いて決まった曲です。

――以上の6曲が入ったミニアルバムですが、特に聴いてほしいポイントは?
岡本 表題曲の『グッドラック』は本当に明るい曲なので、カラオケにいったら歌ってほしいなと。僕自身も、こういう曲があったらカラオケで歌いたい、と思って決めた曲なんです。皆さんも同じ気持ちになってもらえたら嬉しいです。

――先日は『キラフェス2013』が開催されましたが、岡本さんは2度目の出演でしたね。インタビュー冒頭にもありましたが、今回は楽しめましたか?
岡本 楽しめたと思うんですが…。楽しむのにもバランスが必要なのかなと、冷静になってから思いました。音楽活動を今年1年間全力で楽しもうという意気込みなので、キラフェスが楽しかったというのは正解だったと思うんですが、楽しもうと力みすぎていたのか、あまり余裕がなかったかな、と。以前は緊張しすぎて歌詞が飛んだことはあったんですけど、今度は全力になりすぎて、考えていた言葉とは全く違うことを言ってしまったりして。もうちょっと冷静だったらそうならずに済んだんじゃないかという感じでしたね。

――周りには「楽しんでいる」感じは伝わっていたんでしょうか?
岡本 「去年とは違ったね」という意見は多かったですね。去年は「緊張が丸わかりだったよ」という意見が多かったので、去年と同じだったよと言われるよりは良かったかなと(笑)。

――2ndミニアルバムで、Kiramuneメンバーとしての音楽活動が1年になりますが、1年前と比べて、音楽で表現することに対して、気持ちの変化などはありますか?
岡本 音楽はやっぱり慣れないですね(笑)。歌を歌うということ自体、もともとそれほど得意なことではないので。ですので、歌の上手さではないところで、皆さんにメッセージなどをお伝えできればなあと思います。皆さんと一緒に楽しめる曲を歌うことだったり、気持ちをこめて歌うということですかね。でも去年は、失敗をすることによって色々見えてきたことがあって。また今回も、失敗することによって見えてきたことがあるので、これを続けていくことによって、「音楽」とちゃんと向き合えるようになりたいという気持ちはあります。来年に向けて、また新たな課題が色々とあがってくると思いますが、今はまだ、音楽に一生懸命向き合おうとしている段階なので、自然に音楽というものを自分のなかに取り入れられるときが来たらいいなと思いますね。

――音楽と向き合っていくなかで、他のKiramuneメンバーの存在は、心強いものでしょうか?
岡本 心強いですね! ほかのメンバーの方にも、音楽はあまり得意じゃないとおっしゃる方がいるんですが、「やるときはやる!」という先輩方の背中を、その本気の姿を見ているので、後輩としてもその流れに乗って、音楽に本気で向き合おうとする構図が出来上がっているっていうのは、とてもいいなと思いますね。

――では、ミニアルバム『Enjoy☆Full』にかけて、今後Kiramuneの一員として楽しみにしていくこることを教えてください。
岡本 北海道へ行くのが超楽しみです(6月22日、ファンミーティングinサッポロ)! メンバーのみなさんがいるという安心感と、初めての地に行くことの楽しみ…。みなさん「食べ物がすごく美味しいよ」とおっしゃるので、まずは食事が楽しみです。それから、普段なかなか行けない場所に行って、その地域のファンのみなさんにお会いできるという楽しみがあります。

――ちなみに、今後の目標などはありますか?
岡本 お芝居にも通じるんですけど、常に冷静になるということです。それを2014年の目標にしたいと思います。13年はとりあえず…楽しもう! ですかね。その結果、新たな課題が見えてきたらいいなと思います。

 

2ndミニアルバム『Enjoy☆Full』/岡本信彦

6月5日発売/ランティス・Kiramune Project

◎豪華盤(初回限定生産)/¥3,300(税込)
初回生産分封入特典:メッセージカード ※通常盤とは写真・メッセージが異なる。

◎通常盤/¥2,100(税込)
初回生産分封入特典:メッセージカード ※豪華盤とは写真・メッセージが異なる。

©Kiramune Project, All Rights Reserved.

岡本信彦/Trignal ソロライブ開催決定!

<岡本信彦ソロライブ>
【日時】8月3日(土) 開場13:15/開演14:00
    8月4日(日) 開場17:15/開演18:00
【会場】横浜BLITZ
【チケット料金】全自由6,825円(税込)
※ドリンク代別途500円必要
※3歳以上有料
※整理番号順入場

<Trignalソロライブ>
【日時】8月3日(土) 開場17:15/開演18:00
    8月4日(日) 開場13:15/開演14:00
【会場】横浜BLITZ
【チケット料金】全自由6,825円(税込)
※ドリンク代別途500円必要
※3歳以上有料
※整理番号順入場

<チケット発売情報>
【最速先行受付期間】5月26日(日)20:00〜5月30日(木)23:59

最速先行の受付はこちら:
◆岡本信彦ソロライブ http://eplus.jp/okmt-sss2013/(PC/携帯)
◆Trignalワンマンライブ http://eplus.jp/trignal-sss2013/(PC/携帯)

※枚数制限:一人1公演につき4枚まで(複数公演申込可能)
※事前にイープラスの会員登録(無料)が必要
※申込多数の場合は抽選となります
※その他注意事項は受付画面でご確認ください

<お問い合わせ>
インフォメーションダイヤル 03-5793-8878(平日13:00〜18:00)

カテゴリー:ニュース, 特集
9:39 PM

ニュース一覧

特集記事

三宅健太、柿原徹也らを輩出!アミューズメントメディア総合学院がOB・OGネットワークを発足

三宅健太、柿原徹也らを輩出したアミューズメントメディア総合学院が、20周年を機に....
声優情報満載の声優パラダイス | P1010138_a

StylipSのメンバーら、『俺パレスだョ♪全員集合』イベントよりキャスト陣のコメント到着!!

スタイルキューブのベテラン陣から若手までが出演する番組『俺パレスだョ♪全員集合』....
声優情報満載の声優パラダイス | yoshino

8月28日発売!吉野裕行さんが個人名義でのソロデビューとなるミニアルバム『Get Set』をリリース!

Kiramuneレーベルに新たに加わった吉野裕行さん! 個人名義初となるCDの第....
声優情報満載の声優パラダイス | th_6.14-1

南里侑香さん3rdライブ“STELLAR”レポートを掲載!

6月14日、新宿BLAZEで開催された南里侑香さんのライブ“STELLAR”。8....